ニュース一覧

全国統一中学生テスト お申し込み受付中!


全国統一中学生テスト 9/11(金)よりお申し込み受付開始!



「全国統一中学生テスト」は、全国区での自分の位置を確認できることに加え、一人ひとりの弱点や、やるべき課題が明確になるため、学力を伸ばすヒントが得られます
全学年統一部門は、中学全範囲の難関高校入試レベルのテストです。中2生部門、中1生部門では、学習指導要領に沿った学習範囲から、大学入試で重要な「大学入学共通テスト」をふまえた問題を出題いたします。




☆全国統一中学生テストの特長

東進は、日本の将来を担う中学生の誰もが受験できるように、全国で「全国統一中学生テスト」を年2回無料で実施しています。模試を受ける目的は、学力を測り志望校の合否を判定することだけではありません。本当に大切なのは「学力を伸ばす」ことです。「全国統一中学生テスト」は、難易度(基礎・標準・難関)ごとに時間を区切って学力を精密測定する、東進ならではのテスト。全国レベルで自分の位置と学力を確認できるので、学力を伸ばすヒントが得られます。大学入試も意識したテストでありながら、高校受験を控える公立中学校生の皆さんも受けやすいテストです。

point1 

日本全国のライバルたちと競い合える!


point2

基礎・標準・難関の3段階の学力測定!


point3

学力を伸ばすヒントがいっぱい!


 

 





段階別の精密検査で学力を判定!
基礎・標準・難関で時間を区切り、各段階に制限時間を設けて学力を測定します。
そのため、各段階における学力が身についているのかを、正確に測定できます。

基礎は、教科書の例題~章末問題レベル
定期テストの問題や、都道府県立高校入試の基礎問題に近いでしょう。
標準は、都道府県立高校の入試問題のレベル。中1生・中2生であっても、習った範囲なら解けるはず!
難関は、大学受験を見据えた「思考力を問う」問題にも挑戦できます。

一般的な模試だと段階別の精密学力診断は難しい!
例えば難関の問題が不正解だった場合に、
「この問題を解く学力が不足していたのか」
「他に時間がかかって間に合わなかっただけで、時間があれば解けたのか」
がわかりません。




 

★キミだけの診断レポート

「自分の学力ランクを知りたい!」
「成績をどう伸ばせばいいか知りたい」
「周りとの差がわからない」という人注目!
東進の診断レポートではそんな悩みを解決します!


★診断レポート5つのポイント

1.学年別・都道府県別で自分の立ち位置がわかる成績一覧

教科ごとの得点・偏差値・平均点・順位を全学年・学年別・都道府県別に示します。学年・地域の中で自分の順位・偏差値から、自分の学力の位置を確認しましょう。

 

2.自分の成長が明確になる得点分布と成績推移

受験生全体から見た自分の現在の位置を全学年・学年別・都道府県別に表示します。自分の現在の学力の位置を把握しましょう。



過去に受験した全国統一中学生テストから今回までの成績の推移を科目別に示します。受験生全体から見たあなたの学力の位置がどのように変化してきたかを確認しましょう。

 

3.高校&大学入試を想定した学力ランク

現時点での成績に基づき、高校入試を想定した合格可能性に加え、大学入試をイメージできるよう大学レベルに対応した学力ランクを掲載します。



現在の学力がどれぐらいの水準にあり、どのような伸び方をしているのかを確かめ、今後の学習計画に活かせます。

 

4.復習するべきことが丸わかりになる大問・難易度別成績

教科別に大問別の得点・得点率・全学年平均・学年別平均を示します。



設問別詳細では設問ごとに配点・難易度・正答率を一覧表示。正答率が高い順に表示されているので、特に復習するべき設問が一目瞭然となり、復習の優先順位がわかります。


5.長所を伸ばし弱点を克服するための処方箋

今回の成績を振り返り、教科ごと、単元ごとに長所を伸ばし、弱点を克服するための学習アドバイスをお届けします。また学力ランクを上げるために正解すべきだった問題も提示。次の学習に向けての第一歩となります。



もっと高みを目指して勉強したい人も、目の前の勉強に不安がある人も、
まずは全国統一中学生テストを受験しよう!
このテストを受験した経験と君だけの診断レポートが学力を引き上げます!

 

 

 


★ 実施要項

※教育効果向上のため。要項の一部を変更する可能性もございます。

実施日

5月26日(日)

インターネット申込締切日

5月23日(木)

実施会場

東進ハイスクール・東進衛星予備校・中学NET各校舎、東進公認会場、特別会場

対象

中3生・中2生・中1生

受験料

無料招待

返却・配布資料

(1)君だけの診断レポート…試験実施中5日で、受験した校舎にてスピード返却
(2)解答解説集・リスニング音声…試験当日から、東進ドットコム(www.toshin.com)にて公開

合格指導解説授業

(1)受講方法…東進ドットコム(www.toshin.com)にて公開
(2)受講期間…試験実施翌日より公開(公開は40日間を予定)

教科・時間割

全学年統一部門・中2生部門・中1生部門の3部門で実施します。


全学年統一部門

教科・出題範囲

教科 出題範囲
英語 リスニング:モノローグ、ダイアローグの聞き取り
文法:比較、受動態、現在完了など
読解:対話文・説明文・物語文など (英検3級から準2級程度)
数学 中1履修範囲、中2履修範囲
多項式の展開・因数分解
数学的思考力を試す問題
国語 中学履修全範囲(古典含む)


時間割

教科 配点 時間
ガイダンス 15分 8:45~9:00
英語 200点 60分 9:00~10:00
数学 200点 60分 10:10~11:10
国語 200点 60分 11:20~12:20
資料配布・アンケート 10分 12:20~12:30

※会場によって時間割が異なる場合がありますので受験前に必ずご確認ください。

中2生部門

教科・出題範囲

教科 出題範囲
英語 リスニング:モノローグ、ダイアローグの聞き取り
文法:過去形、過去進行形、未来形、接続詞など
読解:対話文・説明文・物語文など (英検4級から3級程度)
数学 中1履修範囲
式の計算(単項式と多項式の計算、式の利用)
数学的思考力を試す問題
国語 漢字、ことばの知識・用法 、小説・随筆文、論説文、古典

時間割

教科 配点 時間
ガイダンス 15分 8:45~9:00
英語 200点 60分 9:00~10:00
数学 200点 60分 10:10~11:10
国語 200点 60分 11:20~12:20
資料配布・アンケート 10分 12:20~12:30

※会場によって時間割が異なる場合がありますので受験前に必ずご確認ください。

中1生部門

教科・出題範囲

教科 出題範囲
英語 リスニング:モノローグ、ダイアローグの聞き取り
文法:be動詞、一般動詞、三単現、can、疑問詞など
読解:対話文・説明文・物語文など(英検5級から4級程度)
数学 小学校履修範囲、正負の数 、文字と式、数学的思考力を試す問題
国語 漢字、ことばの知識・用法 、小説・随筆文、論説文、複数素材の問題


時間割

教科 配点 出題範囲
ガイダンス 15分 8:45~9:00
英語 200点 60分 9:00~10:00
数学 200点 60分 10:10~11:10
国語 200点 60分 11:20~12:20
資料配布・アンケート 10分 12:20~12:30

※会場によって時間割が異なる場合がありますので受験前に必ずご確認ください。




☆全国統一中学生テストの活用法

中高一貫校生

中高一貫校生の君へ
大学入試予想偏差値を把握し、大学受験に向けて早期スタートダッシュを切る!

成績表では、今回の成績をもとに算出された大学入試予想偏差値を知ることで、志望大学と自分の学力との距離を測ることができます。
その距離を把握したうえで、早いうちから計画的に勉強を始めれば、第一志望大学合格へ早期スタートダッシュを切ることができます!

難関大学の合格可能性を想定

高校受験生

高校受験を目指す君へ
効率の良い学習方法を知ることで過去の自分に差をつける

充実の成績表で学習分野別の正答率・平均点を知ることができます。また、その結果を踏まえた学習法のアドバイスも成績表に掲載されており、大幅な学力向上のきっかけになります。

高校入試を想定してみる



 

Q&A

Q.本当に無料ですか?なぜ無料なんですか?

A.はい、無料でご招待しています。東進は、未来のリーダーとなる人財を日本全国から探し出し育成することを通じて、日本をより明るく元気な国にするという使命を持って教育事業を行っています。そのために、住んでいる地域や経済的な事情に関係なく、全国すべての中学生に学力を伸ばすヒントを提供する特別なイベントとして、この全国統一中学生テストを無料で実施しています。受験後の合格指導解説授業も含め、このテストによって料金の支払いが発生することはありません。また、入学を強制することもありません。

Q.あまり良い点数を取れる自信がないのですが……。

A.受験する前はそう思うかもしれません。しかし、模試を受験すること自体に意味があります。まずは点数を気にするのではなく、「自分は何ができて、何ができないのか」を把握するため、そしてどのような出題がされるか知ることが大切です。学力を大きく伸ばすきっかけとして、今回の全国統一中学生テストに挑戦してください。

Q.どんな中学生が「全国統一中学生テスト」を受けていますか?

A.「全国統一中学生テスト」は、日本全国の中学生が受験しています。公立中生と中高一貫校生の両方が受けているので、全国レベルで自分の立ち位置を確認できます。

Q.「超スピード返却」をする理由は何ですか?

A.「全国統一中学生テスト」を、学力アップに最大限活用してほしいからです。模試を受けっぱなしにせずに、学力向上のヒントとするためには、解いた感覚が残っているうちに復習を行うことが大切です。しかし、これまでの模試は返却まで1カ月以上かかるものが大半で、効果的な復習が行いにくくなっていました。そこで「全国統一中学生テスト」は最短中5日のスピード返却を実現。学習優先順位がわかる詳細な成績表を、受けた時の感覚があるうちに返却します。
受験後は、早めに成績表を受け取って、問題と成績表を見比べながら、今後の学習計画を立てましょう。成績表返却面談では、受験会場の先生が成績表の見方や勉強方法のアドバイスもしています。

Q.小学生の時に「全国統一小学生テスト」を受けていました。小学生テストと中学生テストの共通点・相違点は何ですか?

A.全国統一テストは2007年にスタート。多くの生徒が、年齢に応じて「全国統一小学生テスト」から「全国統一中学生テスト」「全国統一高校生テスト」へとステップアップしています。
どのテストも、新しい日本を創る未来のリーダーを育成・発掘するという目的は共通です。そのため、日本全国の子どもたちが学力アップのヒントを得られるように、年2回、無料招待で実施しています。連続受験で定期的に全国での自分の位置を知り、学力アップややる気アップにつなげてほしいと考えています。
これまで受けていた「全国統一小学生テスト」と「全国統一中学生テスト」で異なる点もあります。「全国統一中学生テスト」の試験教科は、英数国の3教科。『中1生部門』『中2生部門』のほかに、『全学年統一部門』という中学全範囲を試験範囲とした部門があり、中3生だけではなく、先取り学習を進めている意欲ある中1生・中2生も受験できます。また、この秋からは、基礎・標準・難関の段階別に時間を区切って試験を行うことで、より精密な学力診断が可能になっています。

Q.「全国統一中学生テスト」はどんなテストですか?

A.基礎・標準・難関の問題レベル別に精密な学力測定ができる東進ならではのテストです。基礎・標準・難関のそれぞれに制限時間を設けて試験を行うことで、より精密な学力診断が可能になっています。
教科書の章末問題や定期テストレベルの問題や、都道府県立高校入試のレベル、大学受験を見据えた大学入学共通テストレベルの問題まで問題レベル別に出題されます。そのため、基礎的な学力を測りたい中学生も、より受けやすくなりました。2022年夏までの「全国統一中学生テスト」を受けて難しいと感じていた生徒も、ぜひ再度受験してみてください。

Q.なぜ、基礎・標準・難関で時間を区切って試験をするのですか?

A.様々な難易度の問題が混ざったテストでは、例えばある問題が解けなかったときに「この問題を解く学力が足りなかったのか」「時間が足りなくて解いていないだけなのか」がわかりません。基礎・標準・難関で試験時間を区切って試験をすることで、各段階でどのくらいの学力があるのかを正確に測定できます。この「レベルごとに制限時間がある」試験形式が、学力の精密検査に大変有効です。

Q.地元の公立高校に進学する予定の中2生です。中2の今、高校受験レベルや大学受験を見据えた問題が解ける自信がありません。

A.「全国統一中学生テスト」の『中2生部門』『中1生部門』は、中2・中1で学ぶ分野に範囲を限定しているので、安心して受験してください。
都道府県立高校の入試問題は決して難問ばかりではなく、中2生・中1生でも既に習った範囲なら答えられる問題が多くあります。基礎・標準レベルでは高校入試レベルの問題を出題しますが、教科書の応用問題や定期テストの後半に出てくるような問題が中心です。難関レベルは、「大学入学共通テスト」を見据えた問題が含まれます。知識を当てはめるだけではなく、思考力を問う問題となりますので、ぜひチャレンジしてください。

Q.県立高校を受験する息子が、全国で競争するテストを受ける意味はありますか?

A.日ごろの中学校での学習はクラスや学校の中で行われるため、比較的狭い範囲での競争になることが多いでしょう。全国で競争することで、お子様の視野を広げることが可能です。
科目ごとに全国の順位がわかることで、新たな学習への動機付けとなります。成績上位生の場合、「全国に自分より上がいることを知った」とやる気に火がつくケースもあるでしょう。また、大学進学を考えているならば、中学生時代から全国レベルでの戦いを経験しておくことが、全国での戦いとなる大学受験にも大いに役立ちます。

Q.連続受験するとなぜ良いのですか?

A.「全国統一中学生テスト」は年2回の連続受験をおススメしています。なぜなら、定期的に学力を測定することで、学力アップとやる気アップが実現できるからです。自分の伸びを実感して、『得意』はもっと伸ばし、『苦手』は早いうちに克服することが可能です。
充実の成績表や解説授業で、具体的な対策を実行できます。さらに、「次回は頑張ろう」と次のテストを目標にして勉強したり、全国レベルの競争で刺激を受けたりといった、『やる気に火をつけ、持続させる』効果もあります。ぜひ「全国統一中学生テスト」を連続受験して、学習のペースメーカーとして活用してください。

Q.中1生の保護者です。子どもがなかなか勉強しなくて困っています。「全国統一中学生テスト」を活用してモチベーションを上げることはできますか?

A.基礎・標準・難関の3つのレベルでの学力の精密診断で、お子様の弱点がわかります。次の目標に向け、弱点克服していくことが前向きな気持ちにつながります。また、東進の実力講師陣による解説授業や、勉強の進め方などを相談できる成績表返却面談があるので、具体的にやるべき課題がわかり、実際に「行動」までできることがポイントです。その「行動」がさらなるやる気を引き出します。

Q.中1生でも『全学年統一部門』は受験できますか?

A.『全学年統一部門』は、中1生・中2生も受験できます。中学全範囲が対象となりますので、中高一貫校で学習進度が早い生徒や、先取り学習を進めている意欲ある生徒におススメです。 『全学年統一部門』受験した生徒の中から選ばれた成績優秀者は、東京で行われる「決勝大会」に無料招待しています。

Q.厳正実施とは何ですか?

A.「全国統一中学生テスト」は厳正実施。統一実施日・会場実施にこだわります。実施日が会場によりばらばらだったり、自宅でも受験できたりする模試の場合、受験する環境が人によって異なり、公平公正な試験になりません。
場合によっては、受験前にインターネットなどで問題・答えを知ってしまう可能性もあるでしょう。「全国統一中学生テスト」は厳正実施によって、自分の立ち位置をしっかりと知ることができるのです。10/30の統一実施日に受験してください。

Q.中2生の娘が、なかなか勉強にやる気を出してくれません。「全国統一中学生テスト」を受けても受けっぱなしになりそうで心配です。

A.「全国統一中学生テスト」は、充実の成績表や成績表返却面談、解説授業など、受験後の指導が手厚く、受けっぱなししない仕組みが揃っています。解説授業を担当するのは、東進の実力講師陣で、勉強への意欲も引き出します。成績表返却面談では具体的な学習のヒントが得られ、勉強の悩みなども相談できますので、ぜひまずは受験してみてください。

Q.レベルごとに制限時間があるよりも、基礎・標準を早く終えて難関レベルの問題に時間をかけた方が点数が上がるのでは?

A.「全国統一中学生テスト」は、自分の実力を“正確に”測定することを目的としたテストです。正確な学力測定のためには、レベルごとに時間を区切って取り組む「全国統一中学生テスト」の方式が適しています。各レベルの制限時間の中で、それぞれの問題に全力で取り組んでレベルごとの得意・不得意を把握することが、その後の学力向上のヒントとなり、得点アップにもつながります。
解く順番や時間配分も含めた“実戦力”を測りたい場合は、「中学学力判定テスト」の受験がおススメです。年4回の「中学学力判定テスト」と年2回の「全国統一中学生テスト」によって、2カ月に1回の学力測定が可能になります。

 

 


2024年04月12日

全国統一高校生テスト お申し込み受付中!


全国統一高校生テスト お申し込み受付中!

 

学力を測るだけではなく、学力を伸ばす模試。
模試受験の目的は、学力を測り志望校の合否を判定することだけではありません。

大学受験を目指す高校生にとって本当に大切なのは「学力を伸ばす」ことです。
このテストでは、自分の弱点ややるべき課題が明確になり、学力を伸ばすヒントが得られます。
さらには、まだ見ぬ全国のライバルたちと出会い、ともに切磋琢磨し、志望校合格とその先の志の実現に向けた第一歩となることを期待しています。

従来の模試 【順序付けと判定】

順位や偏差値などを出して、合格可能性を判定することが目的。また、成績返却は約1カ月後と結果がわかるまでに時間を要します。

全国統一高校生テスト 【学力を伸ばすヒント】

受験生にとって重要なのは学力を伸ばすこと。だから、充実の「君だけの診断レポート」中5日でスピード返却します。現時点での学力を厳密に判定すると同時に、学力を伸ばすためのヒントをすぐに得ることができます。

 

実施要項

 

日程

2024年6月9日(日)

実施会場

東進ハイスクール・東進衛星予備校 各校舎、早稲田塾 各校舎、特別会場(大学やホール等の外部会場)

受験料

無料招待

対象

高3生、高2生、高1生、高0生*
*高0生とは高校生レベルの学力を持った中学生のことです。

申込締切

インターネット締切 2024年6月6日(木)

成績表返却

2024年6月15日(土)以降
申込時に選択いただいた「成績表返却校舎」にて返却します。
詳しくは校舎からお知らせします。

受験部門

全学年統一部門・高2生部門・高1生部門の3部門で実施
全教科マーク式

 

  対象 科目 問題難易度
全学年統一部門
高3生
(高2生・高1生・高0生も受験可)
英・数・国・
地歴公民・理科・情報
共通テスト本番レベル
高2生部門
高2生
(高1生・高0生の受験も可)
英語・数学・国語 高2生レベル
高1生部門
高1生
(高0生の受験も可)
英語・数学・国語 高1生レベル
全学年統一部門
「大学入学共通テスト」本番と同じレベルの問題を出題します。来年1月の「大学入学共通テスト」の予行演習として、現在の基礎学力の総点検ができます。

高2生部門・高1生部門
各学年の履習範囲に沿って「大学入学共通テスト」に対応した問題を出題します。「大学入学共通テスト」の問題形式を早期に体験できます。

教科・時間割

全学年統一部門

教科 科目 時間 配点
英語 リーディング 80分 100点
英語 リスニング 30分 100点
数学① 数学Ⅰ・A 70分 100点
数学② 数学II・数学B・数学C 70分 100点
国語 国語 90分 200点
理科 「物理基礎/化学基礎/生物基礎/地学基礎*」「物理」「化学」「生物」「地学」以上5科目から最大2科目を選択
*4つの出題範囲のうち2つを選択解答してください(計60分、各50点)。
1科目60分
2科目120分
1科目100点
2科目200点
地理歴史・
公民
「地理総合、地理探究」「歴史総合、日本史探究」「歴史総合、世界史探究」「公共、倫理」「公共、政治・経済」「地理総合/歴史総合/公共*」から最大2科目を選択
*「地理総合」「歴史総合」「公共」の3つのうち2つを選択解答
1科目60分
2科目120分
1科目100点
2科目200点
情報 情報Ⅰ 60分 100点

※英語はリーディング・リスニングどちらも必須です。
※ 地歴歴史・公民を2科目受験する場合は下記の条件があります。「公共、倫理」「公共、政治・経済」の組み合わせは不可です。「地理総合、歴史総合、公共」を受験する場合は、これらの中で選択したものと同じ名称を含む科目は選択不可です。



出題範囲

教科 出題範囲
リーディング 英語コミュニケーションⅠ、英語コミュニケーションⅡ及び論理・表現Ⅰ
リスニング 英語コミュニケーションⅠ、英語コミュニケーションⅡ及び論理・表現Ⅰ
数学① 数と式、集合と論証、2次関数、図形と計量、データの分析、
場合の数と確率、図形の性質
数学② 三角関数、指数関数・対数関数、図形と方程式、式と証明、複素数と方程式、微積分法、統計的な推測、数列、ベクトル、
平面上の曲線と複素数平面
国語 国語総合の内容を出題範囲とし、近代以降の文章、古典(古文・漢文)を出題
理科 各科目 全範囲
地理歴史・公民 各科目 全範囲
情報 情報社会の問題解決、コミュニケーション と情報デザイン、コンピュータとプログラミ ング、情報通信ネットワークとデータの活用


時間割例

教科・科目 時間
理科、地理歴史・公民 1科目め 8:30 ~ 9:30
理科、地理歴史・公民 2科目め 9:45 ~ 10:45
理科、地理歴史・公民 3科目め 11:00 ~ 12:00
昼休み 12:00 ~ 12:40
国語 12:40 ~ 14:10
個人マスター記入 14:20 ~ 14:30
リーディング 14:40 ~ 16:00
リスニング 16:10 ~ 16:40
数学① 16:50 ~ 18:00
数学② 18:10 ~ 19:20
情報Ⅰ 19:30 ~ 20:30

※ 実施例。時間割は変更になる場合があります。受験前に必ずご確認ください。
提供資料…東進ドットコム(www.toshin.com)で公開
解答解説集 •リスニング音声…試験当日に東進ドットコムで公開

合格指導解説授業
(1)受講方法…校舎受講(申込校舎にてお申し込みください)
(2)試験実施翌日より公開(~2025年3月31日)

高2生部門

教科 科目 時間 配点
英語 リーディング 80分 100点
英語 リスニング 30分 100点
数学① 数学Ⅰ・A 70分 100点
数学② 数学Ⅱ・数学B
・数学C
70分 100点
国語 国語 90分 200点

※英語はリーディング・リスニングどちらも必須です。


出題範囲

教科 出題範囲
リーディング 英語コミュニケーションⅠ、英語コミュニケーションⅡ及び論理・表現Ⅰ
リスニング 英語コミュニケーションⅠ、英語コミュニケーションⅡ及び論理・表現Ⅰ
数学① 数と式、集合と論証、2次関数、図形と計量、データの分析、場合の数と確率、図形の性質
数学② 三角関数、指数関数・対数関数、図形と方程式、式と証明、複素数と方程式、微積分法、統計的な推測、数列、ベクトル、平面上の曲線と複素数平面
国語 国語総合の内容を出題範囲とし、近代以降の文章、古典(古文・漢文)を出題



時間割例

教科・科目 時間
国語 12:40 ~ 14:10
個人マスター記入 14:20 ~ 14:30
リーディング 14:40 ~ 16:00
リスニング 16:10 ~ 16:40
数学① 16:50 ~ 18:00
数学② 18:10 ~ 19:20

※ 実施例。時間割は変更になる場合があります。受験前に必ずご確認ください。
提供資料…東進ドットコム(www.toshin.com)で公開
解答解説集 •リスニング音声…試験当日に東進ドットコムで公開

合格指導解説授業
(1)受講方法…校舎受講(申込校舎にてお申し込みください)
(2)試験実施翌日より公開(~2025年3月31日)

高1生部門

教科 科目 時間 配点
英語 リーディング 80分 100点
英語 リスニング 30分 100点
数学① 数学Ⅰ・A 70分 200点
国語 国語 90分 200点

※英語はリーディング・リスニングどちらも必須です。


出題範囲

教科 出題範囲
リーディング 英語コミュニケーションⅠ、英語コミュニケーションⅡ及び論理・表現Ⅰ
リスニング 英語コミュニケーションⅠ、英語コミュニケーションⅡ及び論理・表現Ⅰ
数学① 中学履修範囲、数学Ⅰ・数学A(数と 式、集合と論証、2次関数、場合の数)
国語 国語総合の内容を出題範囲とし、近代以降の文章、古典(古文・漢文)を出題



時間割例

教科・科目 時間
国語 12:40 ~ 14:10
個人マスター記入 14:20 ~ 14:30
リーディング 14:40 ~ 16:00
リスニング 16:10 ~ 16:40
数学① 16:50 ~ 18:00

※ 実施例。時間割は変更になる場合があります。受験前に必ずご確認ください。
提供資料…東進ドットコム(www.toshin.com)で公開
解答解説集 •リスニング音声…試験当日に東進ドットコムで公開

合格指導解説授業
(1)受講方法…校舎受講(申込校舎にてお申し込みください)
(2)試験実施翌日より公開(~2025年3月31日)

 

 

★全国統一高校生テストの特長

君だけの診断レポートでやるべき課題が明確に

単元ジャンル別に君の学力を徹底診断。君の得意・不得意を明確に示します。また、総合評価による志望校の合格可能性に加え、目標点に対する到達度を測る『絶対評価』により、合格までどの分野であと何点必要かを明らかにします。

 

学力の伸びと合格まであと何点必要かがわかる

昨年合格者の同時期の成績と比較!君の第一志望校に昨年合格した先輩が、毎回の模試で何点取っていたのかを比較できます。先輩が毎回の模試でどのように成績を伸ばしていたのかがわかり、競争しながら学習を進めることができます。



偏差値と現時点での合格可能性がわかる

総合評価により全受験者内の偏差値と合格可能性を示します。「共通テスト本番レベル模試」でも、大学入学共通テストのみの偏差値ではなく二次試験を含めて推定した総合評価を行います。なお、合格可能性は昨年度の合否判定をベースとした現時点での偏差値に基づくもののため、これからの学習の指標となります。

 

成績表は最速中5日スピード返却

模試受験後は復習がとても重要です。受験本番までの限られた時間を有効活用するために、診断レポート(成績表)は、試験実施から中5日でスピード返却します。忘れないうちにすぐに復習を行い学習効果を高めるだけでなく、志望校合格までの具体的かつ的確な学習計画を立てることができます。
※成績の主要項目は試験実施から中3日でWEB成績速報

 

科目・単元・設問ごとの詳細分析で学習の優先順位をつけられる!

実施回・単元ごとに、第一志望校に合格した先輩の得点およびその得点に対する達成率を表示しています。単元ごとの分析と設問ごとに学習項目と正答率が表示された資料をもとに、今後の学習の優先順位をつけて学習計画を立案できます。また、今回の得点と設問ごとの受験者全体の正解率をもとに正解できていたはずにもかかわらず間違えた設問には要注意マークがつきます。

 

実力講師陣による解説授業

充実の解答解説に加え、東進の実力講師陣による合格指導解説授業を実施します。受講は自分のスケジュールに合わせて日程・時間を選択できます。多くの受験生を志望校合格に導いてきた実力講師陣の講義では、重要ポイントが手に取るようにわかります。復習の有無は、入試本番で似た問題が出題された時の正答率の差となって現れます。


 

25年入試から変わる!新課程対応をチェック!

全国統一高校生テストは、新課程入試に対応!

全国統一高校生テストでは、新課程に合わせた問題形式・試験時間でテストを実施。
本番さながらの実践経験を積んでもらうため、いち早く2025年新課程の共通テストに対応し、新課程の問題にチャレンジすることができます。

2025年新課程の共通テストは...

01 従来の科目ごとの学習法では解けない「探究力」を問う新傾向出題!
これからの時代は、正解がない未知の課題に挑戦し最適解を見出すことが求められます。その力を養うのが探究です。思考力・判断力・表現力が問われる探究の各プロセスを意識した新傾向の問題が、多くの科目で出題されるようになります。

02 「データを扱う」スキルが文理問わず必要に!
探究を進める上では、文献や文章資料を読解するだけでなく、図表やグラフから情報を読み取ったり、データを統計的に判断したりする活動も必要です。新課程の共通テストでは、このような「データを扱う」問題が多くの科目で出題されます。様々なデータを元に最適解を導いていくスキルが、文理を問わず必要になっています。

03 試験時間・問題分量が増え「高速で処理する」問題に!

 

Point 「場合の数と確率」の必答化や、「データの分析」での外れ値や仮説検定の登場により、データの扱いと分析の力がより求められるようになりました。




Q&A

Q.本当に無料ですか?なぜ無料なんですか?

A.はい、無料でご招待しています。東進は、未来のリーダーとなる人財を日本全国から探し出し育成することを通じて、日本をより明るく元気な国にするという使命を持って教育事業を行っています。そのために、住んでいる地域や経済的な事情に関係なく、全国すべての高校生に学力を伸ばすヒントを提供する特別なイベントとして、この全国統一高校生テストを無料で実施しています。受験後の合格指導解説授業も含め、このテストによって料金の支払いが発生することはありません。また、入学を強制することもありません。

Q.あまり良い点数を取れる自信がないのですが……。

A.受験する前はそう思うかもしれません。しかし、模試を受験すること自体に意味があります。まずは点数を気にするのではなく、「自分は何ができて、何ができないのか」を把握するため、そしてどのような出題がされるか知ることが大切です。学力を大きく伸ばすきっかけとして、今回の全国統一高校生テストに挑戦してください。

Q.最近、模試を受験したので、自分の点数はある程度わかりました。それでも全国統一高校生テストを受けた方がいいのでしょうか?

A.もちろんです!東進の全国統一高校生テストは、学力を測ることに留まらず君の学力を「伸ばす」ための模試です。東進の成績表は、偏差値や順位といった「相対評価」のみならず、志望校合格に必要な点数を明確にする「絶対評価」の2つの評価に加え、学力を伸ばすヒントが得られるように君の弱点や課題が一目でわかる充実した内容です。そのため、今後の学習方針を立てるための具体的な情報を得ることができます。さらに試験後中3日で、WEBで成績を速報するので、すぐに学習方針の立案や苦手克服に取り組むことができます。

Q.どの科目を受ければいいですか?

A.高3生は受験時に必要な全科目を受けることをおススメします。全科目受験をすることで正確な志望校の合格可能性がわかるからです。「全国統一高校生テスト」では、現時点での合格可能性はもちろん、あと何点伸ばせば志望校合格が近づくかという具体的な点数もわかります。高1生、高2生も英語・数学・国語のすべてを受験することをおすすめします。受験において主要となる3教科の学力を総合的に知ることができるからです。全学年共通で、大問・分野別の得点率や学習の優先順位までわかる詳細な「君だけの診断レポート」を提供します。必要な科目を全て受験し、君だけのための特別な成績表を手に入れましょう!

Q.模試後の復習は重要だと聞きます。しかし、結局復習しないままになってしまいます。何かコツなどはありますか?

A.模試の復習をしないままにしてしまうのは、どこから手をつければいいのかがわからないという理由が多いようです。そのため、東進は受験者の皆さんが復習しやすいように、最大16ページの成績表「君だけの診断レポート」を提供します。設問単位で、どの単元・学習項目からの出題かがわかるため、どの項目を復習すればよいのか一目瞭然です。受験者全体の正答率もわかるため、全体正答率が高いにもかかわらず間違えてしまった学習項目を優先的に学習することができます。「君だけの診断レポート」は中5日で返却します。受験後、1週間以内に復習に取り組みましょう。

Q.模試の復習をしようと思っていますが、解答解説を見るだけではなかなか理解できずに困っています。

A.東進の模試では、実力講師陣による合格指導解説授業を設置しています。問題の考え方や解き方、基本事項の再確認を中心に解説していますので、受験後の復習に最適です。その科目の大問単位で受講できるため効率的な復習が可能です。さらに、問題の解説だけでなく今後の学習のポイントなども説明するため、モチベーションアップにもつながります。合格指導解説授業は映像配信による授業のため、校舎で都合の良い日程を選択して受講できます。日程などの詳細については、全国統一高校生テスト当日もしくは事前に受験校舎にお問い合わせください。




2024年04月12日

1日体験 無料実施受付中!


東進の授業から講座を選んで1コマ(90分)を2種類まで受講することができます。

さらに!
☆部活と勉強の両立
☆何からはじめればいいのか
☆大学受験の仕組みを知りたい
などの個別相談も1日体験でできます!



 

 

☆東進はココが違う!!

1.東進の一流講師陣による授業

現代文の林先生はもちろんですが、東進の講師は、日本全国から選りすぐった実力講師陣。多くの塾・予備校で「講師がすごい」と言われていますが、その違いは受講してみなければわかりません。東進の授業を受けずに、予備校を決めるべからず。全国の高校生をうならせた授業を、ぜひ体験してください。

2.自分に合った授業スケジュール

部活で遅れてしまったり、学校行事で予備校を休んでしまっても東進なら大丈夫。また、自分の目的やスケジュールに合わせた受け方ができるので、例えば苦手科目を短期間で克服したい場合、基礎の授業1年分を集中して1ヵ月で受講し一気に苦手を克服することができます。これは教室の一斉授業ではできないことですね。

3.基礎マスターと志望校対策

東進には授業だけでなく、全教科の基礎・基本を効率的にトレーニングでき、短期間でマスターできるシステムがあります。だから、学力に自信がない生徒でも、スムーズにスタートすることができます。また、高3の秋以降に徹底的な志望校対策を行います。記述・論述問題については、各科目のスペシャリストが採点・添削します。独学ではわからないところもしっかりと把握することができます。同じ問題でなんと3回まで再添削を実施するなど、ここまで徹底した志望校対策は東進だけです。

4.学力とやる気を伸ばす担任指導

東進では、担任・担任助手による熱誠指導、切磋琢磨できるグループ仲間の存在など、総合的な学習指導を行っています。志望校現役合格に必要な全ての指導をトータルで提供する予備校です。



☆1日体験 当日の流れ
※この流れは一例です。校舎によって内容が異なります。

STEP1 ガイダンス

君の成績や希望を元に、体験する授業を決定。東進のシステムの紹介も行います。
【全国統一高校生テスト受験者には「全国統一高校生テスト」の診断レポートの返却とアドバイスを行います。】
※既に説明会・個別面談を受けた場合は、このSTEPは省略したり、他のSTEPと同時に行ったりすることがあります。

STEP2 校舎見学

次に校舎を案内します。
どんな雰囲気なのかを実際に見てみよう!
授業を受けるホームクラスの他に、面談用のスペースなど東進ならではの空間もあります。気になる校舎設備のチェックはもちろん、ランキング表などの掲示にも注目!

STEP3 実力講師陣の授業

待望の授業体験!
東進の実力講師陣の授業のわかりやすさや面白さを、1コマ90分じっくり体験できます。最大2講座の授業を体験することが可能です。

STEP4 高速マスター基礎力養成講座

難関大合格者がおススメする東進の人気コンテンツ「高速マスター基礎力養成講座」をプチ体験。英単語などを一気に覚えられる講座を、実際に受けてみよう。

STEP5 個別面談・学習相談

担任・担任助手との面談、コーチングも東進の大きな特長です。受験までの学習スケジュールや効果的な勉強法についてお伝えします。受験勉強の疑問や体験して気になったことがあれば、どんどん相談してください。





☆1日体験で受けられる講座例

 

 

 

☆1日体験で分かること

1 具体的な学習スタイル

塾が初めてだったり、前の塾でちゃんと理解できなかったり……。もしかしたら自分には塾は合わないかもしれない……。そんな迷いがあっても大丈夫です。君にピッタリのレベルで一流講師陣の授業を体験してみませんか?

2 具体的な通塾イメージ

実際の通塾にかかる距離や時間、さらに部活などをこなしながら一定の勉強時間を確保できるかどうか……。両立できるだろうか……。そんな心配も、スタッフとの面談で具体的に毎日の通塾スケジュールをイメージできるようになります。

3 具体的な校舎の雰囲気

校舎の雰囲気や学習環境の良さ、自習スペースなどの設備はどうだろう……。担任の先生やスタッフはどんな感じだろう……。そんな不安も実際の校舎を見学することで、一つ一つ確認することができます。

 

 

 

東進に関するQ&A

Q.1日体験では、どのような講座を受講できますか?

A.スタッフによる面談と、学力診断テストの結果をもとに、キミの学びたい内容で今の学力にピッタリの授業が受けられます。実はできていなかった部分や苦手の原因など、自分では分からない本当の学力を知ることができます。

Q.体験は丸1日かかりますか?

A.体験する授業数にもよりますが、4時間〜半日程度で体験する生徒が多いです。部活後に体験したい場合や、2日に分けて体験したい場合は、校舎に相談してください。

Q.映像による授業でしっかり理解できるのか不安です。

A.きちんと理解してから次へ進む仕組みがあります。毎回の受講後に「確認テスト」で理解度を確認し、全範囲を受講し終えた後には「講座修了判定テスト」を実施します。テストに合格しなければ、次の授業に進めません。合格できなかった場合は、テストの結果で明らかになった弱点箇所を復習し、再受験で合格を目指します。




2023年03月28日

本科コースのご案内


高卒生総合コース


☆高卒生総合コースの特長

① 関西でも実力講師陣の授業で勉強できる

東京でなければ受けられない「実力講師」の授業が地方で受講できます。
満員電車で遠くの予備校に通学するのは体力と時間のムダ!
東進ならその時間で毎日1~2講は軽く受講できます。一年間ならとんでもなく大きな学力差になります。 都会の予備校に憧れる生徒は沢山いますが、環境に慣れるだけでも数ヶ月かかります。 そのワクワク感は本命合格を達成したときまで大切にしまっておきましょう。今は目的達成が第一です。

② いままで築いた勉強の続きから始められる

従来の予備校なら集団授業なので、成績の良い教科も基礎からもう一度やりなおし。東進は時間の限られた浪人生にそんな勿体ない指導はしません。
もう少しで完成する科目は早く仕上げ、そうでない科目はわかるところから集中して学習できるよう効率的なカリキュラムを作成します。

③ 短期間で基礎から応用まで仕上げられる

あまり基礎ができていない科目があっても大丈夫。
科目ごとに始めるレベルを決める事ができます。東進なら必要とあらば中学レベルからでも「理解」と「確認」を繰り返し、短期間で目的のレベルまで持ち上げます。また、基礎を早く終わらせる事で、太刀打ちできなかった難関大対策にもたっぷり時間をかける事ができます。

④ 生徒一人ひとりの面倒をみる担任制

東進では担任制を採用しています。生徒と担任がよく話し合って、前回の模試成績などを元に、最適な学習法を作成します。「熱誠指導」で、生徒一人ひとりのモチベーションを高め、一年間を維持すると共に、強い志を育て、志望校合格まで強力にリードします。

⑤ 規則正しく生活できる(生活管理ができる)

受験生にとって勉強以上に大変なのが自己管理。浪人生活はついつい自分の気持ちに負け、適当な言い訳を考えては乱れてしまいがちです。
東進は親身になって生活リズムが崩れないよう、励ましながらしっかり指導します。遅刻や欠席、早退など厳しくチェックし、最後まで頑張らせます。

⑥ 早くスタートが切れる。試験まであと10ヶ月しかありません

ほとんどの予備校は4月後半から授業開始。でも8ヶ月では短くないですか?東進なら決心したその日から1日の無駄なく勉強できます。大学受験においては、この2ヶ月の差は直前の追い込み2回分。大きいと思いませんか?

 

 


 


☆本科設置校舎
堺東駅前校JR東岸和田駅前校和歌山駅前校

各校舎へお問い合わせください。

堺東駅前校 072-282-7080
JR東岸和田駅前校 072-428-0017
和歌山駅前校 073-476-2616

 

 

☆授業時間
出席必須時間 月~土 9:00~20:00 (22時まで受講可)
※日祝は休講 但し9:00~17:00の間は受講可

 

 

☆合格体験記

京都大学農学部 吉川光一さん 既卒生

現役の時も東進に通っていた私は、今年こそ京都大学に合格したいという気持ちで東進の本科に申し込みました。授業を受けるだけではなくて演習も大切にし、分からないことはすぐに解決するように心掛けました。単元ジャンル別演習講座や過去問演習講座などで演習量を積むと、模試で結果が出るようになり、学力が上がっているという実感が湧いて嬉しかったです。東進の模試は得られるものが多く、モチベーションを保つのにも役立つので、積極的に活用するのをオススメします。


大阪公立大学医学部(医)  中野力斗さん 清風南海卒

親に勧められて東進の招待講習に参加しました。そして自分のペースで受講できることに魅力を感じて入学を決めました。私は苑田先生の物理の授業を受けましたが、物理の本質を理解できたのでオススメです。東進のスタッフは親切で、よく話を聞いてくれました。勉強が辛くなった時にも話をしてくれて、気持ちが楽になり良かったです。本当に感謝しています。最後まで諦めずに頑張って下さい。


大阪大学薬学部 安田光輝さん 岸和田卒

共通テストが本当に苦手で、浪人に不安を感じていた私は東進の本科に申し込みました。東進では自分のペースで勉強できて、初学の地理を始めから短期間でインプットできるのが魅力的でした。そして東進の授業は学校だけでは学べない本質や概念も学ぶことができて良かったです。その日ごとに、どの内容を理解したいのか、やるべきことをきちんと決めていたので、計画的に勉強でき、家でも勉強を進めることができました。東進スタッフが面談で話を聞いてくれたのもいい思い出です。


北海道大学獣医学部  佐野太一さん 清風南海卒

クラブの先輩が東進で勉強していたので、私も高校1年生から通い始めました。まずは基礎を固め、高3からは受験に向けての授業を受けて演習に入りました。高校での順位もだんだん上がって良かったです。東進では他の塾よりも速いペースで受験勉強の全体像をつかみ、早い時期から共通テストや二次の過去問に触れられるのが強みだと思いました。自分と向き合い、自分の実力を理解し、成績を上げるために勉強を続けることが大切です。受験勉強は大変ですが、楽しみながら勉強できました。


東京農工大学農学部 中橋宏輔さん 泉陽卒

自分がどこまでできるのかという期待と不安を感じていた私は、親に勧められて東進を訪れました。そこでの初めての面談で担任の先生が信頼できると思ったので本科への入学を決めました。入学後、まずは高校内容のやり直しから始めました。そして過去問が解けるようになっていくのが嬉しかったです。志田先生の公開授業にも参加しましたが、勉強の楽しさを教えてもらい、やる気が出て良かったです。東進の担任や担任助手が優しくて、多くの思い出ができました。

 

 


☆保護者様の声

最初は本人がきちんと続けられるのかと心配もありましたが、東進の本科に一年間通わせて良かったと思っています。仲間や東進スタッフに恵まれ、とても良い経験をさせていただきました。本人が頑張ったと思える時間を過ごせたと思います。全てのめぐりあわせに感謝の気持ちで一杯です。本人を信じて意思を尊重することが大切だと感じています。

 

高3の時からお世話になっていて、スタッフの熱心さや愛のある厳しさに魅力を感じました。そして東進でもう一年頑張りたいという本人の意思を尊重し本科へ入学させました。想像していた浪人生活とは全く違い、明るく楽しそうに東進へ通っていたので、びっくりしました。そしてスタッフの方が、締めるときは締め、楽しむときは楽しむという様に、しっかり指導してくださり、良い一年を過ごせたと思います。

 

 

 

☆本科生の写真

2022年03月07日